2006年05月15日

リハーサル

昨日から、今月28日(日)に行われる発表会のリハーサルが始まりました。昨日で全体の半分のリハーサルが終わり、次の日曜日に もう半分のリハーサルが行われます。でもって、再来週に本番ってワケです。
ボーカル科とギター科とドラム科の生徒達が、急造バンドを作っての演奏(ベースとキーボードはプロのサポートが入ります)という形式の発表会です。初めてバンドを経験する生徒が殆どなので、たとえリハーサルでもガチガチに緊張しまくっています。いつもレッスンをしている会場でのリハーサルだったのですが、スタジオに入って来るなり 生徒の顔色がいつもと違います。みんな、どことなく青ざめています。手が震えている生徒もいます。緊張をほぐそうとコチラも話しかけたりするのですが、そう簡単にはリラックス出来ない様子。結局、ガチガチのままリハーサル開始。でも、何度か演奏をしている内に身体が馴染んでくるようで、みんな段々と良い顔なっていきます。初めて顔を合わせた生徒達も、リハーサル後にメールアドレスの交換したりなんかして…。良い光景だ!!音楽するって良いなぁ…。
実は、何を隠そう、生徒の発表会ってワタクシも緊張するのです。自分で演奏するよりも、生徒達の演奏を聴く方が緊張します。なぜでしょうかね?いや、生徒を信用していないってコトは決して無いんですよ!!なんか……なんか緊張しちゃうんですよ。ヤマハでドラムを教えるようになって最初の発表会から、ず〜〜っと緊張しています。自分の演奏だったら今更緊張したりしないんだけどなぁ。なぜでしょ…??


posted by Rodory at 15:40| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お〜、奇遇ですね!
僕も5/28に発表会です。
Posted by N'gja at 2006年05月15日 23:18
>N'gjaさん
お〜そうですか!
お互いに頑張りましょう〜!!
Posted by Rodory at 2006年05月16日 00:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ドラムは理屈?それとも感情?
Excerpt: どうも、松野です。 さて、ドラマーには緻密な計算をし尽くされたプレイをするドラマ...
Weblog: ドラム教室| グルーヴィン・ドラムスクール 渋谷・赤羽
Tracked: 2006-06-16 01:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。